2020年10月24日、核兵器の開発や製造、保有、使用などを全面的に禁じる核兵器禁止条約の批准国・地域が、条約の発効に必要な50に達し、当会は唯一の被爆国であるわが国が条約に参加することを求める声明を発表しました。
   核兵器廃絶をめざす富山医師・医学者の会の声明文
 そしてこの条約は2021年1月22日に発効し、私たちは以下のように新たな署名運動に取り組んでいます。(2020年12月11日現在、署名国86、批准国51)

日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名

 世論調査では、唯一の戦争被爆国である日本が核兵器禁止条約に参加すべきとの声は7割を超えています。
私たちは、日本政府がこの被爆者と国民の声に誠実に応えることを訴えます。

オンライン署名はこちらから

・リンク先は原水爆禁止日本協議会のキャンペーンページです。
 (坂本龍一氏の画像とコメントがあります)
・ページ右側に「名字」「名前」「Eメールアドレス」の欄があります。
・アカウントやコメントを表示させるかどうか、団体からのメールを受け取るかどうかのチェックを外すことができます。

            *オンライン署名をすすめるチラシのダウンロード

署名用紙(紙)のダウンロード

・全国保険医団体連合会がとりまとめ団体となっている署名用紙です。
・署名いただいた用紙は下記に届けてくださればさいわいです。
  930-0003 富山市桜橋通り6-13 フコク生命ビル 11F
        核兵器廃絶をめざす富山医師・医学者の会